読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CroesoiCymru

イギリスでの生活を書いていきます

別れが辛い

f:id:mefus:20170215053753j:plain

 

毎日のように別れが来て、本当に悲しい。

 

最初は、小さくて、何もない街で寂しいな、と思っていたけど、このサイズ感が心地よく、ウェールズ人の優しさに触れ、何でこんなに居心地がいいのか。

 

何もせずに過ごした数か月。

好きな物を食べ、好きなことをし、好きな場所に行き、と自分の気持ちに正直に過ごした毎日。

 

謙遜や遠慮よりもありがとうという言葉と笑顔でいい、ということを学んだ時間でした。

 

 

本当にこの街が大好きで、離れることが悲しくて、悲しくて。

 

私には都会よりも田舎が合うんだな、と再実感。

 

f:id:mefus:20170215053701j:plain

St. David Day

残り少ないイギリス生活。

 

寒いです。

 

大家の今いる部屋に暖房のスイッチがあるため、30分で切れる暖房を再度つけることができない。

 

すごい不便。

 

 

体感温度違うんだろうな、欧米人と。

 

こちらは凍えてしまい、昨日も夜9時には布団に入り、今朝も昼過ぎまで出られず。

 

寝転び過ぎて、腰が痛い。

 

 

暖房が壊れた家ほど居づらいものはない。

 

 

 

金曜日、隣のご夫婦が夕食に招待してくれました。

 

3月1日がSt.David Dayという祝日です。

Saint David's Day - Wikipedia

 

その時に食べられているという、Cawlをご馳走になりました。

Cawl - Wikipedia

 

長ネギ入りのスープ。

 

美味しかったです。

6 Nations

今、ラグビーの試合が行われていて、それが6Nationsです。

しかも、昨日はウェールズイングランドという因縁の戦い。


昨日は、街のパブに行き、観戦しました。
途中、サービスのチリコンカンとか出てきて、楽しかったです。

でも、結果、負けてしまった。


街中から車が消えていましたが、みんな家で観ていたようです。



スポーツの時、対イングランド戦は、みんな燃えます。

良い経験になりました。

同居人、去る

今朝、リビングに行くと、同居人の荷物でいっぱいになっていて、急遽、朝食は立って台所で食べました。

 

そうだ、今日2月10日だった。

 

事前に準備していたプレゼントとカードを渡し、別れを惜しむ。

 

その後、友達の車で去って行きました。

置き土産は洗濯機に入ったままのシーツと食べ残しのグレープですかね。

 

 

それからランチに出かけ、アイスクリームを食べて戻ると、リビングルームはまたもや荷物の山。

 

入れ替わりで大家が子供を連れて戻って来ていました。

 

たった3時間でここまで変わる?ってくらい、家の中は物で溢れていた。

 

 

もうすぐ隣家に夕食を食べに行くのですが、おやつにケーキも食べてしまい、現在、お腹が全く空かない。

たくさん作ってくれているはずなので、今から家中を動き回るしかない。

 

大失敗。

発送完了

荷物の発送が完了しました。

しかも、荷物を取りにCardiffからわざわざ業者が来た。

そして、彼も初めて、私も初めてで家に辿り着くまで大変な上に、その後も色々とあり、結局、ヤマトさんに電話して説明してもらいました。

 

それでもまだまだある荷物。

 

どれだけだよ。

 

 

 

意外と物は使わない。

引越し業者

引越し準備に取り掛かっていますが、やっと送る目途が立ちました。

 

今回悩んだのは2つの業者さん。

 

欧州ヤマト運輸

 

英国日本通運

 

どちらも金額的には変わらず、田舎なので集荷にお金がかかります。

 

ヤマト運輸については、イギリスの業者が引き取りに来るらしいですが、その分の金額が加算されます。

 

日本での配達を考えて(家によく来るのがヤマトさん)、今回はヤマト運輸さんにお願いしました。

 

 

流れは予約→引き取り→確認→問題なければ支払、となります。

 

日本だと郵便局が安いですが、こちらは郵便局が異常に高いので、今回は日本の業者さんにお願いしました。

 

別送品、という身の回りの品を送る場合の方法だと安いみたいです。

日本に帰る時に申告するあれです。

 

賞味期限

賞味期限・消費期限に関してものすごくこだわる私。

 

できれば、期限が切れる前に食べたい。

 

野菜とか、期限に追われて、イライラすることも多々。

こちらはサラダが袋に入っているので、消費しやすいので、そこまで気になりませんが。

 

 

調味料とかも結構気にするのですが、イギリスに来て日本の調味料・食材はかなり大事で、賞味期限が切れても使います。

 

そして、意外と使える。

味噌も11月で切れているけど未だ使えるし、ほんだしも10月で切れているけど問題ない。

あおじそドレッシングも12月で切れているけど、未だに使える。

 ただ急いで使うことに変わりはないけれど。

 

生鮮食品は別ですが、期限は目安、ということを学びました。

そして、調味料は意外と大丈夫。