読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CroesoiCymru

イギリスでの生活を書いていきます

CLEAN&CHICで抜け感

確定申告後の還付金も2週間もせずに戻って来ました。

日本の行政は、仕事が早いですね。

 

来週から新しい仕事も開始されるし、契約更新してもらえるようにがんばります。

小さいノートを買いに行かねば。

 

 

さて、仕事着でも買いに行こうと服屋さんを何軒か回りました。

まさかまた事務職で働くと思わず、渡英前にほとんどの服を捨ててしまった。

 

そこで気になったのは、この春のテーマとやら。

横文字多くない?

意味不明じゃない?

 

そもそも抜け感とやらは、あか抜け感ってことですよね?

CLEAN&CHICとやらは、清潔感とあか抜けってことでWであか抜けってことですよね?

 

これを前面に出しているお店は、まず日本語を見直した方が良さそう。

更に何でも横文字を出せば雰囲気が何か良さそう、って考え方も捨てた方が良い。

 

 

日々不用品をリサイクルショップに持ち込み、自分がどれほどムダなお金を服に注ぎこんで来たかがわかります。

流行が自分に似合うとは限らない。

あのふわふわな素材は、私のような太目には似合わない。

 

試着室に入って、どうですか、って聞くの、本当に止めてほしい。

サイズが小さかったです、って言う私の気持ちも考えてほしい。

 

 

ということで、定番品を破れたら買い足すことを目指して、クローゼットとタンスを今日もCLEANにして、CHICを目指したら、抜け感が出るのかしら(意味不明)。